2008年09月01日

ラクをしないと成果は出ない

ラクをしないと成果は出ない
ラクをしないと成果は出ない
日垣 隆
JUGEMテーマ:読書


  ラクをして成果を上げるのが基本中の基本

  どんな仕事にも必ず 「成果を上げるための方法」

  がある。

 それは ゼロから築くより すでにあるパターンを

 盗んで組合わせるほうが ずっと効率がいいですって。

  確かに!

  自分にできないことをしている人を素朴に

  尊敬する。

 「この人にはかなわない」と思うことは

 日常の中にあふれている。

 理屈をこねずに ただ素朴に「スゴイ」

 と思うことが大切

 そうすれば 自分自身「小さな進歩」

 を積み重ねていけるって。

 
 お金で自分の時間は買えない

   他人の時間なら買える
 


  誰にでもできることは極力アウトソーシングして

  ラクをしたほうがいい!

  自分にしかできない仕事をするべき。

 人の時間を買うことで生まれた「自分の時間」

  を最大限に活用し 得意なことを徹底して

  やったほうが 成果は上がるはず。

 いかに 「独創性のある仕事」をし どれけ成果を出して

 いくかが 収入の差となって現れる!

 若いうちは テーマなしで1日1冊

 40代は1日で5冊本を読む。

 本の単位は冊。

 仕事にも役立つ「読書の基礎体力」

 3冊は読めるけど。。。。。

  年齢を重ねたとき おのずと大きく差がつくらしい。

  アイデアは他人の頭で揉んでもらう。

 アイデアは「素人」が相手だから。

 メールの未処理は「なし」の状態で帰宅する。

 努力とは ラクにやるための工夫。

 メールの受信トレイをその日のうちにすべて
 
 処理済みに

 メールは遅れれば 遅れるほど あれこれ書かなくては

  ならいので。

  
会いたい人にはできるだけ 向こうから望んで

  会ってもらうように仕向ける


  3日かかることは1日でやる

 コツは全体を圧縮するより 大事なものに絞ること
 
  「やりたいこと」は周囲に話しておく!

  力を貸してくれる人は 必ずいるから。

  好きな仕事を増やすために 好きではない仕事

  を毎年2割ずつ削除。

  仕事でも 「捨てる技術」が役に立つ。

 なるほどと思ったことは24時間いないにやる

 いつかと言う言葉は禁句!

 「何をしないか」を明確に

 人の人生は「すべて」をやれるほど長くはないから。

 毎日の仕事が終ったら 机の上と周辺を完全にリセットする

 乱雑な場所から 新たな発想は生まれない。
 
 これは ほんとそうだと思います。

 色々 お勉強になりやしたー!

  
  
 インポートランジェリーりりィマジックのトップへ      

posted by リリー at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。